レザークラフト

   先日 来店されたお客様との会話で、 その 方がレザークラフトも作成販売していることが話に出て 見せてもらいました。

 

普通は 後ろのポケットが大きく膨らんでいたり、手に持っていたりと、そのサイズと厚みに やや閉口するものですが。。。。。

 

 

 

 

あれ?  割とふつう〜ひらめき

 

レザーの厚みだけにこだわらず なかなかの 繊細な作り込み。。。

 

 

 

 

 

 

名刺と名刺ケース 比べても薄くて 柔らかそうです。

 

 

 

 

 

 

 

あちこちで この手の 財布は良く見かけますが、 こんな 作りのは 見かけないですね(*^_^*)

 

 

 

最近の GIVI リアBOX

ここ最近 リアBOX のトップブランド GIVI 製が デザインを変えたようですね。

 

以前は

 

 

 

 

 

長らく この デザインでしたが

 

 

今は

 

 

 

と カッコ良くなりました。

 

ワンタッチ脱着できるのは 以前と同じです。

 

 

 

 

 

 

と いい感じ、今風に なりましたね(*^_^*)

まるで トライク専門ショップ?

 

 

ピットに3輪トライクばかり。。。?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま 修理や 当店 製作トライクが あり 台数が増えてしましました。

 

 

トライク= 普通の2輪車 の後ろを改造して、2輪にします。つまり 3輪車です。センターにフロントタイヤがあるために

      左右に切り離すことは できないですね。

 

      (法的には ヘルメット不要)

 

サイドカー= 普通の2輪車のサイド(右か左)に別の ”舟” を 取り付けて 3輪車に改造する。よって 本体と船を後で

       切り離すことは可能です。切り離せば 本体は2輪車として走行できます。

 

        (法的には ヘルメット 必要)

 

 

GL1500ゴールドウィング トライク。

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハのマジェスティー250 スクーターのトライク  (当店にて製作)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マフラーも 当店オリジナルマフラー (製作)

 

 

 

 

 

こちらが サイドカー  です。

 

 

 

お判りですね(*^_^*)

 

 

 

 

リア は四角い〇鉄パイプで囲まれた、デフ なるものがあり 左右に ホイルを回すためのドライブシャフトが出ています。

 

デフ (デファレンシャル)= カーブでは 内側外側で進む距離に差があり その進むため回るタイヤの左右の回転差を

        

               吸収するためのものです。もしデフの無い車だと FR車(フロントエンジン、リア ドライブ)

 

               だと ハンドルを切っても曲がらずに、その後一気にスピンしてしまうでしょう。

 

               FF車(フロントエンジン、フロントドライブ)では曲がることができなくなるでしょう。

 

               リアが左右直結の4輪バギーが曲がりにくいのはそのためです。

 

 

ドライブシャフト(エンジンの回転をホイルに伝えるシャフト)は 左右独立懸架で左右がバラバラで動き 乗り心地を

 

良くするために、ロアーアームまでついています。

 

 

今、日本で一番信頼のおける デフ を装着しての RPMオリジナルトライクです。

 

現在のバイクに取り付けることも可能です。相談には乗りますよ。

 

 

今日はこの辺で、ごきげんよう(*^_^*)  

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがたい ご指摘 (*^_^*)

先の ブログの最後の部分の文で  

 

「私たち、、、」を「渡したち、、」と書いてしまい、20分位後には 携帯に 「間違ってるよ」のメールがあり

 

一旦 帰っていたのを、再度 即 RPMに出てきて 編集しました。

 

も〜 その速さにびっくりゆう★  

 

ありがたいですね〜手

 

今後ともよろしく〜ペコちゃん

わざわざ 東北から。

こんにちは。

 

今日は な、な、なんと 見たことのないナンバーの お客様の来店の話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来店されて しばらくお話をしていて 何気に見た 車のナンバーを見て 唖然。。。。。

 

 

 

遠目に。。 ん〜〜?  に。い。が。た ?    

 

新潟 。。。ね〜。新潟県。

 

なんで こんな ミヤコンジョ に 新潟ナンバーが?

 

ひらめきだったら、 きっと ネイティブ東北弁 が 聞けるかも、、

 

と 期待していたら、結構 東京弁でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的は CBX1000 でした。

 

この 6気筒。。。。。

 

 

 

 

 

いわゆる プラグが6本  マフラー6本 今も 今後も 生産しない 6気筒。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟市内から、わざわざ 見に来られました。

 

私たち、南九州では あまりイメージに乏しい 地域。ニュースやテレビでしか 見れませんが、。。。

 

東北地方を 旅行する 暇も無い 私としましては、 びっくりでした。

 

これも goobike という バイク掲載 メディア の おかげでしょうね。

 

少し お休みを多めにとって いらしたようですから、九州を楽しんで帰られたことでしょう。

 

  

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM